2014/09/15 駅弁広告
駅弁広告



駅弁の売り方、
打ち出し方は
色々あると思います。

本例は大相撲の番付風という
コンセプトでもって
デザインされています。

遊びも面白いですし、
番付風のアレンジという
アイデアがとても楽しいと思います。

横綱や大関など格付けすることで
「横綱はさぞ美味いんだろうな」とか、
「大関も悪くない」など、
普通のお弁当に格がついて
より美味しそうに感じられます。

普通に並べてしまうよりも、
番付による格付けによって、
弁当の品を高め、
美味しさへの興味、
メニューへの興味が一層湧いてきます。

相撲らしいビジュアルも
幕の内弁当の絡みからか、
お弁当の広告イメージに合っていて、
つい見てしまいます。

普通に並べるようりも、
私は大関、私は関脇、
今日は気分がいいから横綱!といった感じで選んでもらう方が
お客さんにとっても楽しみがあって、
いいと思います。

いかに他人事を自分事にするかが
宣伝の課題ですが、
本例は相撲をデザインに取り入れることで
見事にお客さんを自分事に巻き込んでいる
素晴らしい例だと思います。

とても勉強になります。



スポンサーサイト
23:56 | 好奇心をくるぐる広告 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
味の素広告 << Home >> 味の素企業広告
Trackback







巷にあるチラシやポスター、広告の数々を取り上げ、デザインの効果を勉強するブログです。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 広告デザイン勉強室 All Rights Reserved.